胎教教室

胎教教室

しばらく中断していました「大阪胎教センター」の活動を大阪府岸和田市で森本義晴博士をスーパーバイザーにお迎えし平成26年秋より新たにオープンいたします。
胎教セミナー予定日は決まり次第このホームページでお知らせいたします。なお胎教セミナーは予約制となっています。


胎児の能力は

お子様を授かった時から、輝く命がお母さんのおなかの中で息づきはじめました。おなかの赤ちゃんはお母さん以上に自分の急激な成長に驚き、時には不安に感じているかもしれません。
そんな不安を感じながらも、赤ちゃんはお母さんやお父さんからのお腹にいる自分への語りかけをおおいに喜び、楽しい記憶として残しているはずです。

日頃、胎教をされているお母さん方のお話に、私達が驚く事があります。
たとえば、

  • *お父さんが帰ってくる5分ぐらい前に、トントンと合図してくれました。
  • *楽しい音楽を聞いていると、いつも赤ちゃんがリズムに合わせて動いていました。
  • *お父さんがお腹に向かって語りかけると、赤ちゃんが急におとなしくなりました。
    特に絵本の読み聞かせの時は、聞き入るようにおとなしくなりました。
  • *私が好きなものを食べるとき赤ちゃんも一緒に興奮していました。

などなどです。

また、5歳までにお子様がお腹の中での記憶やお産の時のお話しをすることがあります。これを「胎内記憶」といいます。
この胎内記憶は80%のお子様が持っているようです。残念ながら6歳を過ぎると胎内記憶が薄れ徐々に話さなくなるようです。


ボンディングとは

胎教を語る前に、まずボンディングについて考えましょう。ボンディングとは母児相互の「きずな」という精神的な結合を意味します。お腹の中で形成され、お産直後の肌の触れ合いで完成にむかいます。

ボンディングの効果について次のような動物での報告があります。ヤギの出産直後にヤギの赤ちゃんを離すとその後は自分の子であるにもかかわらず子育てをしなくなります。しかし5分でも出産直後に一緒にするとその後長い時間離しても、再会してすぐに子育てを始めます。出産直後の触れ合いがいかに大切かが分かります。

肌の触れ合いと同時に「声をかける」「乳首をすわせる」「目を近づける」などもボンディングを完成させるためには重要な要素です。出産後のボンディングの基礎はお腹の中で着々とつくられています。胎教とはお腹の中にいるときからのボンディングづくりと考えてください


胎児は人格を持っている

胎教を進める上でどうしても理解していただかなければいけないことがあります。それは赤ちゃんの人格を認めてあげるということです。胎児の場合成長するのは臓器や肉体ばかりではありません。胎児は立派な脳を持っています。いまではお母さんのお腹の中で精神的にも発達を遂げ、感情を持つことがわかっています。胎児はお母さんの付属物ではありません。一個の人格として認めてあげてください。そこから本当の胎教が始まります。

「胎児への適切な刺激」
胎教における「適切な刺激」とはどういうものでしょうか。
これは、よく選ばれた材料による音を中心にした数々の刺激であり、母体の腹部やホルモンを会して伝わっていくさまざまな情報です。例えば当大阪胎教センターでは、厳選された音楽、絵本、さらに触覚応用の箱庭の砂を使います。母親の五感を通じて胎児の脳細胞に「適切な刺激」を送ることを体験していただきます


音楽は胎教の主役

音楽にはいろんなジャンルがあり、リズム・ハーモニー・メロディーなど異なっています。どの種類の音楽が胎児により多く影響するかはまだわかっていません。ただし1/ fのゆらぎが、人の心に感動を呼び起こすエネルギーがあることは広く知られていることです。クラシックばかりでなく、童謡やポピュラー音楽の素晴らしい曲にこの1/ fのゆらぎが基本になっているものが多くあります。長年胎児には音は伝わっていないのではないかという疑問があったようです。しかし近年さまざまな国の胎児を研究しているところから報告や、先ほどお話ししました4歳ぐらいの子供たちがしゃべる「胎内記憶」からも、胎児には話し声や音楽が聞こえていることがわかりました。わたしたちは胎教の音楽は胎児とお母さんの脳細胞刺激に適したものを考えています。一般的には、お母さんがリラックスできる音楽は「胎教の音楽」と考えていいでしょう。

「胎児への話しかけ、読み聞かせ」
胎児は妊娠後期では外界の音や振動を感じとています。生まれてくるまで数々の刺激があるはずです。その中で母親や父親など、または身近な家族からの優しい刺激は赤ちゃんにとって最も安心できる刺激ではないでしょうか。大阪胎教センターでは、胎児への話しかけや読み聞かせを勧めています。このホームページ内でもお母さん方に是非読んでいただきたい絵本を紹介しています。


その他のプログラム

胎教センターでは以上のほかに、キックゲームの指導やお母さんの右脳を刺激するための箱庭制作、自立訓練指導をおこなっています。

交通アクセス

〒596-0076
大阪府岸和田市野田町1-11-1
南海本線「岸和田駅」徒歩1分
TEL:186-072-422-3006
(受付時間:09:00~17:00)

詳しくはこちら>>

診療案内

産婦人科
09:00~12:00(日・祝休み)
17:30~19:30(水・金のみ)
小児科
13:30~16:30(日・祝休み)

※更年期外来:毎週金曜14:00~15:30