pagetop

産婦人科、妊娠・出産、小児科なら、岸和田市の久松マタニティークリニック 久松マタニティクリニック

お知らせ

HOMEお知らせ > 久松先生おすすめの本

久松先生おすすめの本

「うまれてきてくれてありがとう」

2014年07月08日

にしもとよう/文
黒井 健/え
株式会社 童心社 2011年 ¥1,300(税別)

◆あなたは、世界でたった一人のかけがえのない存在

「ぼくは、ママをさがしているの。
かみさまが、 『うまれていいよ』っていってくれたから・・」
クマくんやぶたくん、ほかの動物たちはみんなママと一緒です。
ぼくのママは、どこにいるの?
「あなたは、世界でたった一人のかけがえのない存在。
うまれてきてくれて、ありがとう。」
絵本を通じて、親から子へメッセージを伝えることで、子どもの自己肯定感を育み、かけがえのない命の誕生を親子で喜びあう絵本。
(出版社の内容紹介より)

「ちいさなあなたへ」

2014年07月08日

アリスン・マギー/文
ピーター・マイノルズ/え
なかがわちひろ/訳
株式会社 主婦の友社 2008年 ¥1,000(税別)

◆母であることのすべてがつまった絵本

「あのひ、わたしは あなたの ちいさな ゆびを かぞえ、 その いっぽん いっぽんに キスを した」ではじまるこの絵本には、母であることのすべてがつまっています。
親でいることの喜び、不安、苦しみ、つらさ、寂しさ、子どもへの思い――普遍の真実が、あたたかな絵とシンプルな言葉で語りつくされ、読む人たちの涙をさそいます。
だれもが一生の宝物にしたくなるような絵本です。
(出版社の内容紹介より)

「おひさま あはは」

2014年07月08日

前川 かずお/著
ごぐま社 1989年 ¥800(税別)

◆子どもと一緒に笑おう

声を出して笑うとなんだか元気が出るのは、大人も子どもも同じ。
おひさま、木、小鳥、お花…。
ページをめくれば「あははあはは」という笑顔がいっぱいです。
(出版社の内容紹介より)

「でんしゃにのって」

2014年07月08日

とよた かずひこ/著
アリス館 1997年 ¥1,300(税別)

◆次にのってくるのは誰かな?

「次は、わにだ〜、わにだ〜」車内にアナウンスが流れて、うららちゃんののった電車にぞろぞろとのりこんできたのは……
(出版社の内容紹介より)

「みんな うんち」

2014年07月08日

五味 太郎/著
福音館書店 1981年 ¥900(税別)

◆いきものはたべるから、みんなうんちをするんだね

子どもにとって興味のある、そして大事な「うんち」をユーモアいっぱいの絵本にしました。
(出版社の内容紹介より)

「どんどこももんちゃん」

2014年07月08日

とよた かずひこ/著
童心社 2001年 ¥800(税別)

◆そんなにいそいでどこにいくの?

ももんちゃんが、どんどこどんどこ走っていきます。
川を渡って山を登って、どんどこどんどこ。
(出版社の内容紹介より)

「いない いない ばあ」

2014年07月08日

松谷 みよ子/著
童心社 1967年 ¥700(税別)

◆日本で一番売れている絵本

いない、いない、ばあ。
にゃあにゃが、くまちゃんが、ほらね、いない、いない……。
「いない いない ばあ」と語りかけて一緒に楽しむことで、大人もあかちゃんも笑顔になり、心の交流を通じて親子の信頼を深めるきっかけになります。
(出版社の内容紹介より)

「ぎったん ばっこん」

2014年07月08日

なかえよしを/著
文化出版局 1977年 ¥600(税別)

◆動物たちのシーソー遊び

ねずみくんが公園にいくと、いろいろな動物たちが集まってきてみんなで楽しく遊びます。シーソーにのって“ぎったんばっこん”。
(出版社の内容紹介より)

「14ひきのあさごはん」

2014年07月08日

いわむら かずお/著
童心社 1983年 ¥1,200(税別)

◆みんなで楽しいあさごはん

もりのあさ。のいちごつんで、どんぐりのこなでパンづくり。
きのこのスープもできた。みんなでつくった、あさごはん。
14ひきのあたらしい一日のはじまり。
(出版社の内容紹介より)

「くだもの」

2014年07月08日

平山 和子/著
福音館書店 1981年 ¥800(税別)

◆美味しそうなくだものに思わず手を伸ばしたくなります

すいか、もも、ぶどう、なし、りんごなど、日常子どもたちが食べるくだものを、リアルな描写で鮮やかに描いた画集です。

「赤ちゃんのためのことばの絵本」

2014年07月08日

桑原 伸之/著
あすなろ書房 2002年 ¥1,200(税別)

◆ことばをおぼえはじめた赤ちゃんのための絵本

「ころころ」「ぴょんぴょん」「ゆらゆら」「ぶるぶる」「くるくる」など、擬音のおもしろさを伝える絵本。あざやかな色の絵と、快い音の響き、リズム、くり返しのおもしろさが楽しめます。
(MARCデータベースより)

「まあるいいのち」 ーノエルの不思議な冒険ー

2014年07月08日

イルカ/著
株式会社 小学館 2010年

◆イルカから地球のみんなに贈るメッセージ

「国際多様性」をテーマに書かれた歌「まあるいいのち」を基に創作された絵本です。
いろんな生きものたちの共存、生命の大切さについて描かれています。歌「まあるいいのち」のCD付き。

「クレーの天使」

2014年07月08日

パウル・クレー/著  谷川 俊太郎/著
講談社 2000年

◆響きあう絵とことばの贈りもの

クレーの描いたギリシャの神々のように
人間的な天使たちを主題に、谷川俊太郎が短詩をつけた詩画集。
45点の絵と18編の詩が奏でる二重奏で、
心にひそむ天使たちが目覚める。

「クレーの絵本」

2014年07月08日

パウル・クレー/著  谷川 俊太郎/著
講談社 1955年

◆40点の絵と14編の詩が奏でる二重奏(デュエット)

クレーの色彩世界に谷川俊太郎の詩が重なる。
スイスが生んだ今世紀最高の画家クレー。
音楽理論を融合させた詩情あふれる色彩世界に
触発された詩人が紡ぎだすイメージ豊かな言葉が、
新しい画集の形を提示する。

「Loving HUG」

2014年07月08日

橋本武夫,梅田馨,柚木貴晴 共著 柳瀬ワイチ(株) 2004年

◆HUGは育児の原点あたたかい心のメッセージ
「A Warm Hug」

HUGは抱きしめること、ふれあうこと。
お腹の中にいたときから人はずっと包まれるぬくもりが大好き。
抱っこされたり、なでなでされることは、生きていくのにとっても大切で必要なこと。
HUGは心と体に元気をくれるんだ。
でも、みんなぎこちなくない?本当はとっても簡単なことなのにね。
生まれて最初の HUG、おっぱいのHUG、言葉のHUG、目と目で通じ合うHUG・・・、うれしいときも、悲しいときも、痛いときも、乗り越えたときも、大切な家族や仲間とHUGできたらいいね。
この小さな絵本の中で、カンガルーファミリーがHUGの方法をたくさん教えてくれるよ。
キミもHUG大使になれるよ!
※この絵本の著作料は日本ユニセフ協会へ寄付されます。

「わたしがあなたを選びました」

2014年07月08日

鮫島浩二/〔著〕 植野ゆかり/絵
主婦の友社 2003年

◆きっとこんなわたしが、いちばん愛されると信じたから。

きっとこんなわたしが、いちばん愛されると信じたから。
赤ちゃんがおなかの中からメッセージ!!
おとうさん、おかあさん、もうすぐあなたたちにあえる。
やさしい絵で描かれた、親と子の深い絆を静かにうたう感動の一冊。
「子どもは皆、愛されるために生まれてきます。
お母さんたちが子育てにちょっと疲れたとき、ちょっと行き詰ったときにこの本を開き、心から愛しいと感じた親子関係の原点を思い出し、また元気になってほしいと願っています」(帯の作者メッセージより)