pagetop

産婦人科、妊娠・出産、小児科なら、岸和田市の久松マタニティークリニック 久松マタニティクリニック

お知らせ

HOMEお知らせ > 久松先生おすすめの本

久松先生おすすめの本

「クレーの天使」

2014年07月08日

パウル・クレー/著  谷川 俊太郎/著
講談社 2000年

◆響きあう絵とことばの贈りもの

クレーの描いたギリシャの神々のように
人間的な天使たちを主題に、谷川俊太郎が短詩をつけた詩画集。
45点の絵と18編の詩が奏でる二重奏で、
心にひそむ天使たちが目覚める。

「クレーの絵本」

2014年07月08日

パウル・クレー/著  谷川 俊太郎/著
講談社 1955年

◆40点の絵と14編の詩が奏でる二重奏(デュエット)

クレーの色彩世界に谷川俊太郎の詩が重なる。
スイスが生んだ今世紀最高の画家クレー。
音楽理論を融合させた詩情あふれる色彩世界に
触発された詩人が紡ぎだすイメージ豊かな言葉が、
新しい画集の形を提示する。

「Loving HUG」

2014年07月08日

橋本武夫,梅田馨,柚木貴晴 共著 柳瀬ワイチ(株) 2004年

◆HUGは育児の原点あたたかい心のメッセージ
「A Warm Hug」

HUGは抱きしめること、ふれあうこと。
お腹の中にいたときから人はずっと包まれるぬくもりが大好き。
抱っこされたり、なでなでされることは、生きていくのにとっても大切で必要なこと。
HUGは心と体に元気をくれるんだ。
でも、みんなぎこちなくない?本当はとっても簡単なことなのにね。
生まれて最初の HUG、おっぱいのHUG、言葉のHUG、目と目で通じ合うHUG・・・、うれしいときも、悲しいときも、痛いときも、乗り越えたときも、大切な家族や仲間とHUGできたらいいね。
この小さな絵本の中で、カンガルーファミリーがHUGの方法をたくさん教えてくれるよ。
キミもHUG大使になれるよ!
※この絵本の著作料は日本ユニセフ協会へ寄付されます。

「わたしがあなたを選びました」

2014年07月08日

鮫島浩二/〔著〕 植野ゆかり/絵
主婦の友社 2003年

◆きっとこんなわたしが、いちばん愛されると信じたから。

きっとこんなわたしが、いちばん愛されると信じたから。
赤ちゃんがおなかの中からメッセージ!!
おとうさん、おかあさん、もうすぐあなたたちにあえる。
やさしい絵で描かれた、親と子の深い絆を静かにうたう感動の一冊。
「子どもは皆、愛されるために生まれてきます。
お母さんたちが子育てにちょっと疲れたとき、ちょっと行き詰ったときにこの本を開き、心から愛しいと感じた親子関係の原点を思い出し、また元気になってほしいと願っています」(帯の作者メッセージより)

「しあわせ胎教BOOK」 胎児のためのCD&妊娠ダイアリー付き

2014年07月08日

森本 義晴/〔著〕
西東社 2008年

◆ママの声が聞こえるよ

おなかの中で赤ちゃんはさまざまなことを感じたり、ママやパパの声を聞いたりしています。
胎教は、おなかの赤ちゃんとのコミュニケーション。
胎教で赤ちゃんの脳を刺激し、親子のきずなをぐんと深め、心と体をリラックスさせましょう。
胎教は出産後の親子関係につながる大切なもの。
ママ、パパ、赤ちゃんの絆が深まり、充実の10ヶ月を送れる胎教アイデア満載の1冊です。